機能一覧

  • API連携
  • メールリレー
  • メール配信
  • 効果測定
  • オプション

API連携

Curumeru(クルメル)とAPI連携することによって、Curumeru(クルメル)にログインすることなく、メール配信・配信結果の取得が可能です。既存システムへ、高度なメール配信機能を組み込むことができます。

SMTPリレー

配信リストアップロード

メールアドレスや顧客情報などの配信リストをアップロードし、そのリストにメールを配信することができます。

メール配信予約

件名、本文、配信日時、配信リストを指定しメールを配信予約することができます。

メール配信日時変更

配信予約されているメールの配信日時を変更することができます。

メール配信キャンセル

配信予約されているメールをキャンセルすることができます。

テストメール送信

件名、本文、配信日時、Toアドレスを指定しテストメールを送信することができます。

情報差し込み配信

件名や本文内に、名前や商品名など、任意の情報を差し込んで配信することができます。
テキスト形式、HTML形式の両方に対応しています。

エラーアドレス一覧取得

配信エラーが発生したメールアドレス一覧を取得することができます。

メール一覧取得

メール情報一覧を取得することができます。

メール情報詳細取得

メールIDを指定して対象のメールの詳細情報を取得することができます。

配信結果アドレス一覧取得

メールIDを指定して対象のメールの配信結果一覧を取得することができます。

配信エラー情報取得

メールIDを指定して対象のメールの配信エラーアドレス一覧を取得することができます。

開封アドレス一覧取得

メールIDを指定して対象のメールを開封した・していないアドレス一覧を取得することができます。
※取得できるメールは、HTMLメールのみとなります。

URLクリックアドレス一覧取得

メールIDを指定して対象のメールのURLクリックした・していないアドレス一覧を取得することができます。

SMTPリレー

大量配信専用のクルメルサーバーをSMTPリレーすることができ、高い到達率のメール配信ができます。
お客様システム側に、プログラムの実装や改修などを加える必要が少ないため、改修コストを最小限に抑え、メールのインフラを強化することができます。

SMTPリレー

日時配信レポート取得

クルメルから前日に送信されたメールの配信結果を、レポートとして取得できます。
レポートのファイル形式はCSVファイルで、通知メールに添付され送付されます。通知メールの配信頻度は1日1回です。

・メール配信数(前日にクルメルから送信されたメール配信数)

日時配信レポート取得

・配信失敗アドレス(前日に配信エラーとなったメールアドレスとエラー原因)

SMTPリレー

・エラーアドレス一覧(閾値を超えてエラーカウントされ、クルメルが配信を停止しているアドレス一覧)

SMTPリレー

受信ブロック回避

複数のIPアドレスからの並列配信や、キャリア・プロバイダ毎のメール配信量の調整などを行い、メールの大量配信による、受信ブロック(キャリアブロック)を回避できます。

テキストメール配信

テキスト形式のメールを作成し、配信することができます。

HTMLメール配信

HTML形式のメールを作成し、配信することができます。

マルチパート配信

テキストメールとHTMLメールの2つの情報を、同時に1つのメールとして配信し、メール受信者の設定や環境に応じて適切なメール形式で表示させることができます。

情報差し込み配信

件名や本文内に、名前や商品名など、任意の情報を差し込んで配信することができます。テキスト形式、HTML形式の両方に対応しています。

タイマー予約配信

メール配信を行う日時をあらかじめ設定し、その時間に自動的にメール配信を開始することができます。

エラーアドレスへの配信停止

所定のエラー回数をカウントしたメールアドレスに対して、自動的にメール配信を停止し、受信ブロックの原因となる、エラーアドレスを多く含むメール一斉配信を回避することができます。

配信禁止時間帯設定

夜間など、メール配信をしない時間帯を設定することができます。メール配信が配信禁止時間帯に差し掛かった場合、自動的にメール配信は中断され、配信可能な時間帯になった時点で自動的に再開されます。

データ通信暗号化(SSL対応)

クルメルへのアクセスを全てSSL(Secure Socket Layer)を使った暗号化通信によって行うことができます。

SPF/DKIM対応

なりすましメールと判定されないよう、送信元なりすましメールの判定を防ぐ送信元ドメインの認証技術に対応しています。

URLクリック集計

配信したメール文中に含まれるURLがクリックされた数や時間帯を集計することができます。また、誰がクリックしたかも把握することができます。

HTMLメール開封集計

配信したHTMLメールが開封された数や時間帯を集計することができます。また、誰が開封したかも把握することができます。

エラー原因測定

メールアドレス単位でエラー原因を解析し、「アドレスの@の前が間違っている」など、9つの原因に分類することができます。

測定データエクスポート

各種効果測定データをCSV形式でエクスポートすることができます。

API連携

クルメルにログインすることなく、外部システムからクルメルを利用することができます。

HTMLエディタ

50種類以上のテンプレートを使い、HTMLタグの知識がなくても簡単にHTMLメールを作成することができます。

添付ファイル送信

最大10個、合計容量3MBまでのファイルを添付して送信することができます。

多言語(外国語)配信

全62か国語でメールを作成・配信することができます。

クリックURL独自ドメイン運用

メール文中のURLのクリック集計を行う際に、クルメルが生成するリダイレクト用のURLを、独自ドメインで利用することができます。

クルメル関連サイト情報

  • 配配メール
  • メルラボ
  • メールディーラー
  • 働くDB
  • ビジネスパートナー
  • Pマーク